本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 総合掲示板

総合掲示板

[125670] 情報 世界遺産に宿泊できて夢のようでした! (返信: 12 )
安東河回村 [寺・史跡・名所]
投稿者:saori77777 さん 12.02.22 / 最新レス:saori77777 さん 12.03.26
このお店のクチコミを全て見る  お気に入りに追加 この投稿のリンク 翻訳(번역)
訪問日:2012.2.5~6

念願の河回村に行ってきました。
私が行った3日前くらいに50年ぶりの大寒波が来て雪もかなり積もったらしく、正直寒くてどうなのかな?仮面劇や芙蓉台へ渡し舟もやっていないし、と思っていたのですが行って正解でした。せっかく行くのなら泊まることをお勧めします。現地の方とふれあい、世界遺産を身をもって体感できます。
宿泊先は当日行ってから決めました。

● ソウル~安東 高速バス利用
東ソウルバスターミナルから安東市外バスターミナルまで高速バスで2時間50分。
バスターミナルへは2号線の乙支路3街駅から始発の地下鉄に乗り、江辺駅に5:54着で安東行き6:00発の始発に飛び乗りました。せっかく行くのでなるべく早く安東に着きたかったので始発を選択。切符はターミナルを入って右側の窓口の方になります。安東へは8:50到着。料金は15700wでした。

東ソウルバスターミナルの詳細はこちらに掲載しています
http://comm.konest.com/topic/125499
バスの時刻表と料金があるので事前にチェックできて助かりました。ぜひおすすめします。
韓国語なのですが左側に検索するところがあり、【안동】(安東)を探してみて下さい。
https://www.ti21.co.kr/

●安東市外バスターミナル~河回村
安東市外バスターミナルに到着し、迷ったのが市内バスで河回村へ行くか、シティーツアーバスを利用するかでした。どうしても見晴らしのいい芙蓉臺へ行きたかったのですが冬期は渡し舟が出ていないという情報でした。となると、芙蓉臺へは陸路でタクシーを使わないと行けないので、一人旅だったのでコスパを考えてシティーツアーバスを利用しました。
ただ、シティーツアーバスは最小催行人数が10名で催行有無のため、まず安東駅前の観光案内所へ。次の日も安東観光のため資料も入手したかったので行きました
安東市外バスターミナルから安東駅は市内バスで15~20分くらい離れています。料金は1200w、T-moneyカード利用なら1100wだったと思います。安東駅行きのバス停はバスターミナル正面口をいったん出て右へ道を渡ったところの一番手前にあります。1番のバスに乗車、始発なのでバスは停車しています。本数は5~10分おきくらいに出ているようです(0番、0-1番とかも行くようですが1番が早く着きます。一度住宅街に入るので一瞬焦りますがすぐに幹線道路に戻ります。)
安東のバスは前から入って降りるときも前から降りるバスが多いですが、降りるときはカードをかざすと2重に取られますのでご注意ください。

駅の観光案内所は日本語が通じます。ツアーバスがあるか聞いてもらって資料、市内バス・高速のバス時刻表などをもらいました。ツアーバスは安東市外バスターミナルの13番から10:00に出るというので再び戻ることに。
シティーツアーバスが催行するとわかっていれば安東駅に行かなくてもすみますので事前に確認することをお勧めします。高速バスもソウル6:30発でも間に合いますし、仮に催行しなくても市内バス河回村行きが安東駅10:30発なのでこちらも間に合います。

シティーツアーバスは大型バスで通常18000wのようですが、今回どうやら人数が7名だったので8名乗りのバンを利用して25000wでした。タクシーを一人で手配するよりかはるかに安く、ガイド付きでお得です。
冬期で仮面劇がないので行ったところは通常とは違いますがこちら→韓紙工場→芙蓉臺→謙岩精舎→芙蓉臺の絶壁の道→玉淵精舎→花川書院→河回市場(昼食)→河回世界仮面博物館(希望者のみ2000w)→河回村見学→屏山書院

今回は一人だったのでシティーツアーバスにしましたが市内バスで河回村にいく場合は安東駅前か、安東市外バスターミナルを出て幹線道路沿いにバス停46番があります。皆さんがご指摘されていた通りバスターミナルからかなり離れていてとてもわかりづらいです。時刻表はコネストさんのサイト参照、1日8本。時期、曜日、時間にも寄りますが混んでいるときがあるのでやはり安東駅前で並ぶほうが確実かもしれません。というのも次の日に安東駅に行列があり何かな?と思ったら河回村行き14:05発の長蛇の列でした。

● 昼食
河回村には食べるところがありませんので手前の河回市場で食べました。何軒かありますがメニューはそんなに変わらないようでした。安東名物の塩さば定食とチムタクをいただきました。塩さばはとても脂がのって美味しかったです。

● 河回村・宿泊
河回村はとても白川郷に似ています。世界遺産登録前に視察に行かれたようで白川郷のことをよくご存知でした。この時期しか味わえない雪景色の河回村がとても幻想的でした。芙蓉台からの眺めは一生忘れられない眺望となりました。河回村に来られる方はぜひとも押さえておきたい場所です。

あと、ガイドさんのサバイバル精神からなのか?芙蓉台の川沿いは岩場の断崖絶壁なのですがそこを壁つたいに行く数十センチの道があります。そのスリリングな道を通って戻りました。一歩間違えると岩場と川底。人生でベスト3に入るくらいの体験。こんな経験もツアー参加できたからこその醍醐味(?)です😅

リュ・シウォンのご実家やペ・ヨンジュンが宿泊した北村宅など2時間ほど村をゆっくり回り、最後の見学地・屏山書院のあと、河回村に戻っていただき私だけ降ろしてもらいました。
さて、本日の宿探しですがわらぶき屋根のお宿をリクエストすると、シティーツアーのガイドさんに知り合いがいるということでせっかくなのでお願いしました。ツアーに参加していなくても、河回村の観光案内所に日本人のガイドさんがいますので、予算を言って宿泊先を探してもらえるのでご安心を。お宿は40軒ほどあるらしいので当日で問題ないみたいです。自分で散策しながら部屋を見て探すのも楽しいと思います。宿によりますが30000wくらいからもあるようなので予算も安くおさまります。
私が泊まった宿はこちらです。

★ 徳如斉(トックヨジェ)  ←南村宅の近くにあります
豊川面河回里621
TEL054-857-2885 HP010-3586-2885
http://www.namchon.kr/
素泊まり1部屋50000w(2名まで可能なお部屋です) 最大4名の広い部屋もあります(10万w)
部屋にはテレビと布団。共同のバス・トイレは別にあります。勿論お湯もでますので。無線LANは部屋ではつながりませんでした。こんな素敵なところなので逆に必要ないですね。夕食、朝食は前もってのリクエスト次第で別途で作ってくれるようです。
念願のわらぶき草家に泊まりたかったので大満足。とても有名なお宿で安東市観光案内HP(下記)や地球の歩き方にも載っています。お宿の方もとても気さくな方でお勧めです。明日早いのに夜1時間くらいお話をしてくれました。宿主は英語は少しだけ、私は全く韓国語がわかりませんが通じるものですね。漢字の筆談や地図・ガイドブックを見せて会話をしていました。お客は私だけでラッキーでした。
次の日も村を散策して、9:50発で安東市内に戻りました。とても思い出に残る時間が過ごせました。
次回は仮面劇があるときに行きたいなと思います。

● かかった料金 合計111700w
高速バス(ソウル~安東)15700w
シティーツアーバス25000w(入村料2000wなど含む、あと通常は河回市場からシャトルバスに乗り換えますがツアーバスはそのまま村の入口まで行きますのでシャトルバス代はかかりません)
河回世界仮面博物館2000w
市内バス3回乗車 約3300w(T-moneyカードを使ったのでおおよそです)
河回村1泊50000w
高速バス(安東~ソウル)15700w

行って初めてわかったことですが、冬期運休と聞いていた渡し舟が動いていました。
となるとツアーバスの韓紙工場以外は自力でバス(1200w)と渡し舟(?)で行けます。
交通費と宿を安くすればお値打ちで回れますので、予算&時間と相談の上、参考にしてください。

● 参考にしたサイト
安東市観光案内 シティーツアーバス http://jp.tourandong.com/
        http://city.andong.go.kr/open_content/jp/
河回村観光案内 宿リストあり(韓国語) http://www.hahoe.or.kr/


韓国語は『こんにちは』と『ありがとう』『美味しい』の3つしか話せない私ですが、地元の方のあったかい心遣いのおかげで素敵な旅になりました。本当に感謝します。言葉が通じなくてもガイドや地図を見せたり、筆談したりと気持ちは通じますので、ぜひ行ってみてください。
そして、最後まで読んで下さりありがとうございました。
芙蓉台からの眺めは一生忘れられない眺望となりました
この時期しか味わえない雪景色の河回村がとても幻想的でした
世界遺産の石碑 河回村入口の観光案内所の向かい、バス停の横に
対岸からの芙蓉台 断崖絶壁を壁つたいに行く数十センチの道があ
50年ぶりの大寒波が来たらしく、雪もかなり積もっていました
今回宿泊した徳如斉(トックヨジェ) 念願のわらぶき草家に泊ま
一番右側のお部屋に泊まりました。
徳如斉(トックヨジェ)の玄関 右の部屋が家主のお部屋でいろい
安東市外バスターミナル とてもキレイでした
安東駅行きのバス停はバスターミナル正面口をいったん出て右へ道
削除依頼 チョア!nice [ 16票 ]
チョウムさん / 12.02.22 翻訳(번역)
saori77777さん、こんにちは♪

雪の河回村へ行って来られたのですね~!お写真とっても素敵です^^

シティバスツアーがあるのも初めて知りました。最近の詳しい情報、とても
参考になりました。過去、2回ほど行っていますが、もう一度行くなら、絶対
雪景色が観たい・・・そう思っていたのです。写真では見たことがあったのですが
おっしゃる通り、飛騨の白川郷に似ていますよね^^白川郷も雪景色が観たくて
ライトアップされる時期にわざわざ2回行ってるくらい雪景色が好きです^^;

2年半前に初めて行った時に、鵲泉古宅(リュ・シウォン氏の実家の隣り)で
チムタクを食べました。村内で一箇所、ここだけがチムタクを出してくれるそうで
泊まった宿(ボンナム古宅)のお母さんが注文して案内してくださいましたが、
出来上がるまでの間、縁側に座っていろいろとお話しました。ご主人のお話では
この村を世界遺産に申請するにあたって、何度も白川郷に行かれて参考にされた
そうです。その直後、世界遺産として認定され、私も嬉しかった記憶があります。

冬は渡し舟は駄目かと思っていましたが、5日ということで、日曜だから運行して
いたのかな・・・と思います。基本的に、有志の方が動かしているので、人がいない
平日はないことが多いそうです。たまたま村の人と会ったりすると、連絡してくれて
呼んでくれることもあるようですけどね^^

シティツアーの方のサバイバル精神についてですが、その道、「降りるな危険!」の
標識はなかったでしょうか?一回目に登った時、渡し舟で着いた後、玉淵精舎を先に
見ようと行ったら、後ろに誰もいなくて???
花川書院の脇の道を登って芙蓉台の上に着いたら、みんないて二度びっくり!
聞けば、渡し舟で着いてすぐ、玉淵精舎に入る前に道があったからと崖沿いの道を
登ってきたけど、胸が岩につきそうなくらいの急坂で息があがったとお聞きしました。
あがって来られた道を教えてもらうと、「降りるな危険!」というような警告が書かれて
いました。ハングルを読める人がいなかったようで、知らないで登ってきたと・・・
帰りは少し緩やかな(それでもきついですが)花川書院脇をみんなで降りました。

2度目に行った昨年3月は車だったので、駐車場から直接、花川書院脇の道を登ったので、
やはり警告の表示があったのかどうかは確認していません。
雪の時期に、あの道は、さぞかし怖かっただろうと思いますが、それをツアーでやるとは
ちょっとびっくりした次第です。慣れた方が引率されるからこそ出来た体験でしょうね^^

ますます、芙蓉台の上からの雪景色、観たくなりました。

もし、また行くことができたら、シティツアーも考慮にいれ、回ってきたいと思います。
貴重な体験談、ありがとうございました^^
削除依頼 チョア!nice [ 4票 ]
saori77777さん / 12.02.23 翻訳(번역)
チョウム さん はじまして!

写真、書き込みをみていただきありがとうございます。
いいですね~、2回も行かれているなんて。
雪景色の河回村は真っ白くきらきらしてとても素敵でした。
連日、氷点下の日々だったのですが私が行った日は5℃くらいあって天気にも恵まれました。

白川郷のライトアップは見たことがないのでとても興味深いですね~。
白川郷にも高台がありますよね。あの高台と芙蓉台がとてもよく似てますよね。なんか不思議なかんじかします。

村内でチムタクが味わえるなんてはじめて聞きました。食事をするところがあったんですね。
宿からのリクエストなので特別だったのでしょうかね~。以前は村の中で食事をするところあったけど、今はあの入口の市場だけとお聞きしていたのでよい情報ありがとうございます。

ちょうど崖で奮闘している頃です。
渡し舟には2、3人しか乗っていなかったのですが、一艘だけ動いていました。
リクエスト次第なのでしょうね。勉強になりました。これがオンシーズンだったらすごい人なのでしょうね~。
やはり冬場ということで村はとても静かでしたが、こちらとしてはゆっくり回ることができてよかったです。

そして、崖道ですが素敵な景色を見た後でテンションも上がっていましたので看板には気が付きませんでした。
そんなところを通るとは思ってもいなかったので私はムートンブーツで溝がないつるつるの靴底でした。
なので坂道はしりもちをついてました。それを見かねたガイドさんがゴミ箱からひもやテープを拾ってきて私の靴に巻きつけたくらいです。
チョウム さんのおっしゃる道は多分わたしが通った道と同じような脇道かもしれませんね。
私たちはちょうど謙岩精舎と玉淵精舎を結ぶ道で急な坂はそんなにありませんでした。
4枚目に対岸から撮った写真があると思いますが、拡大するとこの岸壁に断層のように横一でラインがあると思いますがまさにそこを通りました。道幅は20cmくらい?(必死だったのでうる覚えですが。。。)のところもあり、山側に体を倒していないと強風が吹くと飛ばされそうなところでした。
幸い日照りがいいのかその道は雪はとけていました。パソコンなどが入っている1泊分のリュックは男性客が背負ってくれたことはいううまでもありません😢お子さんやお歳をめされた方はもちろん迂回したくらいです。
今、冷静に考えると貴重な貴重な体験でしたね!

ぜひ次回は雪景色を見に行ってください。
私は逆に仮面劇をやっている時期に行ってみたいと思っています。
削除依頼 チョア!nice [ 3票 ]
チョウムさん / 12.02.23 翻訳(번역)
saori77777さん、返信ありがとうございます^^

チムタクですが、2009年の9月には食べられました。すごい量で、おいしかったです^^
鵲泉古宅ですが、今は、柳時柱家屋とご主人の名前をとって呼ばれているようです。
世界遺産になったことで、例えば、ゴミ箱のあった場所に併設されていた灰皿が撤去され
たりもしているので、村内での煮炊きも制限されたかもしれません。

前に泊まったボンナム古宅が前側を残して火事で消失していたので、火事には村全体で
前より考慮するようになったかも・・・なので、今もやっているかどうかは定かではありません。

お通りになった崖沿いの道は、どうも違っていたようです。
芙蓉台と謙岩精舎の間の道で、芙蓉台から・・ということなので、尾根?沿いの道かと
思われますが、私が書いた道は、渡し舟を降りて、玉淵精舎への坂をあがって、門を
くぐる前に、左手に岩の多い崖道があって、そこのことです。

まさか、その道を上がって来たとはその時の船の同行者はすごい・・・と思いました^^;
ものすごくきつかったらしいですけど、どう考えても、芙蓉台の前面、稜線に沿っての
登りですからきつい筈ですよね^^;

白川郷も川と山が天然の要塞になっていて、河回村と似ているな・・・と思います。
おっしゃる通り、白川郷の高台に登ると、河回村の芙蓉台のように見渡せますよね^^
ただ、歩いて登れるので、プロからアマチュアまで、ライトアップ時にはカメラを
構えた人達が鈴なりでした。みんなライトが点くのを場所取りして待ち構えていました。

別神グッ劇ですが、次回は必ずご覧になってください^^とっても素晴らしい劇でした。
シャトルバスの乗り場のある市場で、ホッチェサパプ(偽の法事のご飯)という、この
地方の名物も食べられますよ^^他の有名な安東チムタクや、カンコドゥンオ(塩さば)も
是非食べてみてください^^

私も次回は雪の河回村に行こうと思います^^
この量なので、母娘では無理で、オモニの依頼で釜山から来た大学
白川郷。高台に登る途中で。デジカメではこれが限度です^^;
   
削除依頼 チョア!nice [ 3票 ]
saori77777さん / 12.02.24 翻訳(번역)
チョウム さん
そうなんですよね。チムタクってかなり量が多いので一人旅には厳しいですね。
今回は市場の昼食で他のお客さんがご注文されたのを少しいただきました。
とても美味しかったです。
帰りに安東の街にあるチムタク市場にも行きました量が多そうだったので断念しました。
次回は何人かで訪れたいです。いろいろ情報ありがとうございます。
削除依頼 チョア!nice [ 1票 ]
レディコさん / 12.02.26 翻訳(번역)
saori77777さん、今晩は。

安東河回村 私も昨年8月に行ってきました。
私は日本から楽古斎という韓屋を予約して1泊しましたが、とても素敵でした。
なので是非また違う季節に行ってみたいと思っています。
昨年末にも訪韓し、行こうかどうしようか悩んだのですが結局全州にしました。
3月末にもまた訪韓するのでどうしようかと思っていたところなので
こちらのカキコミとても参考になりました。
雪の河回村素敵ですね~。

本当はまた楽古斎へ泊まりたいのですが、3月に行くとしても日帰りになってしまうと思います。
仮面劇や芙蓉台は夏に行ったからあきらめるとしても、
せっかくならまだ見てないところへ行ってみたいと思っていましたが、
日帰りだと自力で回るのも時間的な制約が多いなぁと思っていました。
でも、シティーツアーバスなら韓紙工場へも行けるので魅力的ですね。

情報どうもありがとうございました。
削除依頼 チョア!nice [ 1票 ]
saori77777さん / 12.02.26 翻訳(번역)
レディコ さん はじめまして。
こちらこそレディコさんの口コミを参考にさせていただき、行ってきました。この場をかりてお礼申し上げます。
シティーツアーバスはとてもコンパクトに回るのにお勧めです。料金もリーズナブルですし。
ツアー解散は17:00頃でしたので日帰りにぴったりだと思います。
今は仮面劇がないので冬期のルートだったと思いますので行かれるときは事前にどちらに行くか、お問合せされるほうがいいと思います。

韓紙工場では日本語の案内の方をよんで私だけ工場見学をさせていただきました。
韓国の方は体験をされていました。そのときにもよりますが、もし体験をご希望でしたら申し出たほうがいいと思います。
では、よい旅行になるといいですね。

PS 全州にも行かれたのですね。今、外国人限定で無料バスが出ているので私も行こうかとどうしようか迷いました。


削除依頼 チョア!nice [ 1票 ]
レディコさん / 12.02.26 翻訳(번역)
saori77777さん、こんにちは。

私のクチコミを参考にしたとのこと、ありがとうございます。
少しでも役に立てたなら嬉しいです。

シティーツアーバスの補足もありがとうございます。
河回村へ行くかどうかもまだ決めかねているのですが、参考にさせてもらいます。

全州へは無料バスを申し込んでいたのですが、残念ながら外れてしまい自力で行きました。
ソウルの高速バスターミナルは乗り場もわかりやすかったですよ。
全州の高速バスターミナルは安東市外バスターミナルと比べると古くて施設もあまりよくないです。
雪の韓屋村は静かでとても素敵で、そんなに混んでなくてゆっくり見られました。
saori77777さんも機会があったら是非行ってみてください。
削除依頼 チョア!nice [ 2票 ]
サングンさん / 12.02.26 翻訳(번역)
>saori77777様
とっても素敵な安東への旅日記、興味深く読ませて頂きました😍
ランラン18歳を見て安東に興味を持ち、2年位前に1泊2日で安東へ旅しているのを見てからず~っと行きたいと思い続けています。
でもソウルや釜山だと一緒に行ってくれる人はいるんですが、安東となるとなかなかいない上、ゆっくりしようと思えば2泊3日の慌しい旅行では勿体無いので未だ行けずにいます😢
安東に泊まったとしても思ったより安いんですね。
シティーツアーバス🚋なら1人でも効率的に周る事が出来ていいですね‼
宿も当日探したり、saori77777さんの行動力に感心しました。
saori77777さんや皆様の書き込みを読んで、私も絶対に行きたくなりました。
削除依頼 チョア!nice [ 3票 ]
saori77777さん / 12.02.27 翻訳(번역)
レディコ さん こんにちは。
高速バスターミナルは押鴎亭界隈も近いので話のネタに安東の帰りに利用しようと思ったら、時間が変更になっていて東ソウルターミナルに手配されちゃいました。東ソウルのほうが大きいのですね。
全州への無料バスはやはり人気なのですね。わたしも韓屋村が気になってました。
2月の平日で寒いせいかまだ空きがあったのでギリギリまでどうしようか迷いました。
別の場所に遠出することにしたので今回は見送りましたが、タダなので人気ですよね~。
次回はだめもとで申し込んでみたいです。
削除依頼 チョア!nice [ 1票 ]
saori77777さん / 12.02.27 翻訳(번역)
サングン さん はじめまして。
河回村は本当に素敵でした。初めての地なのにどこか懐かしいかんじがして、癒させます。
そして、いろんなドラマのロケ地になっているようですね。屏山書院や陶山書院などもそうなので足を伸ばしてみるといいと思います。
もちろん一人でも全く問題ありませんよ。むしろ一人で気ままにいくのがいいかも。
韓国語が全くわからない私ですが、誰かしら助けてくれるので結構行き当たりばったりで大丈夫でした。
宿泊すると河川敷から夕焼けや朝焼けを見ることができますし、朝などに観光客がいないのでゆっくり散策できます。ぜひ行ってみてください。
削除依頼 チョア!nice [ 1票 ]
レディコさん / 12.03.26 翻訳(번역)
saori77777さん、今晩は。

21日に日帰りで河回村へ行ってきて、土曜日に帰国しました。
河回村へは二度目ですが、ここのカキコミがとても役に立ちました。
残念ながらシティーツアーバスは予約申込者が直前までいなかったので
諦めて、46バスを利用して見るところを屏山書院と河回村に絞ることにしました。

その時のことは別にカキコミをしましたが、取りあえずお礼をと思いカキコミします。
ありがとうございました。
削除依頼 チョア!nice [ 1票 ]
saori77777さん / 12.03.26 翻訳(번역)
レディコ さん こんにちは!
先ほどクチコミを拝見させていただきました。
バスの時間が変わっているなどこちらこそ貴重な情報ありがとうございます。
多少なりとも私の情報がお役にたてて嬉しい限りです。クチコミをアップした甲斐がありました。
レディコ さんの情報を参考にまた計画を立ててみたいと思います!
削除依頼 チョア!nice [ 2票 ]
返信する
韓国旅行おトク情報
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
最近の話題ランキング
1
予約して行って良かった
2
朝食に
3
寒い時期が良いかも
4
毎日食べたい
5
大人気カフェ系列の新オープン
6
初心者もリピーターも大満足しそう
7
カンジャンケジャンとコッケチム(蒸しワタリガニ)
8
おひとり様でも歓迎
9
美味しいタッカンマリ
10
花サムギョプサル

AD

Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細