安全な韓国旅行のための防疫ガイド
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
編集部日記 一覧へ


新しい年が明けて10日。日本のお正月気分は味わえなかったけれど今年も素敵な年になりますよう、よろしくお願いいたします。

先週末、「半世紀前の“あの街”の姿が見られる」展示会があると聞いて行ってきた。徳寿宮(トクスグン)内にあり、近代様式の建築が美しい徳寿宮美術館で開催中の「イム・ウンシク写真展─記録の芸術、芸術の記録」だ。

 「韓国リアリズム写真の先駆者」といわれるイム・ウンシク(林應植・1912~2001)は、韓国の近現代を代表する写真作家だ。今回の企画は作家の生誕100周年を記念した特別回顧展。1930年代の初期作品から代表作、遺品に至るまで、4つのセクション・260点あまりで構成されている。




*****

「古宮建築」「文化人」など幅広いジャンルの写真を撮ってきたイム・ウンシクだが、数々の展示を尻目にqingが見入ってしまったのが第3展示「明洞(ミョンドン)、明洞の人々」だ。

明洞はいわずとしれた観光中心地。実は、そこに半世紀前もから魅了されていたのがイム・ウンシクだ。1950年に始まり亡くなる直前の2001年まで。彼は50年あまり明洞の通りに立ち、シャッターを押し続けてきた。作家のライフワークの集大成ともいえるこのセクションでは、モノクロームの明洞の街、そしてそこに集う人々が並ぶ。遺族の協力で初めて公の場にのぼる作品も含まれており、話題を集めている。


展示を見て驚いた。作品に表れる「明洞」が現在の姿とどれだけ異なるか期待していたのだが、それがあまりに想像以上だったからだ。

戦争で破壊された街の様子、米軍、馬の通る道、露天商…。1954年に撮影された、明洞入口から明洞聖堂までの通りは、コスメ店がひしめく今の街からはおよそかけ離れた世界だった。

一方で百貨店が立ち並び繁華街として賑わう姿は、半世紀前から健在。当時の道ゆく人の服装を集めた「明洞のファッション」フォトなるコーナーには、やられた!と思わずにやけてしまった。

明るさの中に陰鬱な時代の影が写された明洞の通り、そして人々。作家に「撮って、撮って、また撮っても際限なく撮りたくなる」といわしめた街の魔力を、作品を知ることができた展示だった。

今回の企画展ポスターとなった代表作「求職」も、明洞で撮影されたそう コネストもできなかった、50年前の「ストリートファッション」は必見! 半世紀前の明洞の姿は…

 

*****

他にも、白いチョゴリの女性たち、田舎の風景、「3日間は呆然とし、撮影ができなかった」という朝鮮戦争の従軍写真など、見ごたえのある作品がたっぷり。昨年の12月21日から始まっており、2月12日まで。週末(金~日)は21時まで開館しているので(入場は1時間前まで)、ゆっくり見るなら朝か夜から狙い目だ。チケットは徳寿宮と共通で5,000ウォン。こぢんまりとした徳寿宮の散策もあわせて、ぜひ訪れてみてほしい。

編集部:qing

コメント(4)

  • 12.01.11 / 66kyotoさん

    私も この展示会を見たいです。
    43年前の1970年2月に 韓国縦断の1人旅をしました。当時の写真や資料を たくさん持っていますが、もう処分しようと考えています。ソウルタワーも 地下鉄もなかったソウルの町や カメラを持って 鐘路を歩いていると 「そのカメラを売ってほしい」と 懇願されたのも なつかしい思い出です。
  • 12.01.12 / コネストqingさん

    66kyotoさん

    コメント、どうもありがとうございます。

    韓国を旅された際のお話、以前掲示板に投稿されていましたよね。
    私にとっては未知の世界…楽しく拝見しました。(当時の資料も面白そうです。処分されるとは残念!と思います)

    作品の中に、66kyotoさんが同時代に見られた景色もみつけられるかもしれませんね。
    展示会は来月までは開催されるので、ご都合が合えばぜひおすすめします^^
  • 12.01.21 / チルレさん

    コネスト で こちらの 記事を みて  1月18日に 行きました。
    戦争で 破壊された  街並み  幼い子供達  チマ  チョゴリの 乙女達  イ ウンシク 写真家の 人に対する
    慈愛が 感じました。
    ミョンドンを 民衆を  心から 愛してると かんじます。

    少しずつ 繁栄する 街並み と 力強く 生きる 人々   

    昔の ミョンドンと 現在の ミョンドン が 丁寧に 手作り の 地図で  作られたました。

    チマ  チョゴリ  から  洋服 に 移り変わる 歴史的転換期  が よく わかりました。

    どこの  国も  女性が おしゃれ して  子供が 美味しいおやつ  を  食べて  幸せ そうな  笑顔  の 場所に 幸せの  風 を 天使が 運ぶんだな~~~  

    昔の 人の 苦労を 思えば 今は 良い時代だと 感じました。

    日が暮れて 美術館 の出口の 扉を あけた  風景の あまりの  美しさに ワァー

    王様の 玉座の ある 歴史的建物と 近代ビルと 韓国広場の(スケートリングの 光と が 一つの 絵の ようでした。
    韓国大河ドラマが 好きな 私は その場所は タイムスリップしたようでした。
    今  王様が タイムスリップしたら、近代的ビルや 韓国と日本の 友好を 喜ばれているにでのでは ないかと
    大統領とも 酒を 酌み直しながら  未来を 語るのかな?

    と 1人 想像してました。

    静かで 威厳と 優しさと  悲しみに みちた  トクスグン  コネストを 見なければ いけませんでした。
    いつも ありがとう
  • 12.01.30 / コネストqingさん

    ピヌ ノリゲさん

    コメントありがとうございます。お返事が遅くなり、申し訳ありません。
    展示会の丁寧なレポート、楽しく拝見しました。
    ファッションの移り変わりや人々の姿など、見るほど発見のある展示だと思います。
    おっしゃるように、徳寿宮一帯の風景も魅力的ですよね^^

    これからも多様な情報をお届けしますので、よろしくお願いします*
コメント

この情報を共有

 
設定