ついにビザなしで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
編集部日記 一覧へ

皆さん本当にお久しぶりです。


コロナウィルスの流行から3回目の夏を迎え、不定期更新になっていた編集部日記ですが、 前回からすでに1年以上が経ってしまいました…(;^ω^)


今後も不定期での更新が続くと思いますが、さすがに1年に1度くらいは
新しい情報をお届けしたいと思い、久々に更新を。


さて、今年は日韓どちらもひどい猛暑ですね…。
夏の暑さを少しでも和らげる方法は、日韓どちらにも色々とありますが今回は韓国の夏を乗り切るために、涼をとれる美食メニューを紹介したいと思います。



その名は「중국냉면(チュングンネンミョン)=中国冷麺」です!
「중식냉면(チュンシッネンミョン)=中式冷麺」とも呼ばれます。



中国冷麺.jpg

中国冷麺


食べられる場所は、「중국집(チュングッチッ)」と呼ばれる韓国中華のお店です。



「韓国中華」はいわゆる日本の中華料理屋さんとは似て異なるメニュー体系を持っています。
よく知られている韓国中華の代表メニューは、チャジャンミョンですよね。あとは真っ赤な辛いスープが特徴のチャンポン、日本の酢豚的なメニューであるタンスユッ、この3つがよく言われる「韓国中華の御三家」であるということに異論がある方は少ないかと思います。



そんな韓国中華の多くの店で夏限定メニューとして登場するのが、韓国風冷やし中華こと、「中国冷麺」なのです。
文字のごとく見た目は「冷麺」っぽさを感じさせるんですが、食べてみると少しだけ日本の冷やし中華を思い起こさせる清涼感のあるスープと麺の上に、トッピングに海老、くらげ、イカなどの海鮮と一緒に、気持ちばかりのキュウリやニンジンが入っているというのが一般的な「中国冷麺」の特徴かと思います。



さらに特徴的なのは、何故かほとんどのお店でピーナッツバターがスープの上に添えられていることです。
初めて食べた時には「なぜ?」と思いましたが、意外にもこれが酸味のあるスープとよく合うから不思議です。



コネストのある望遠(マンウォン)洞には、韓国中華の老舗中の老舗である「가원(ガウォン)=嘉苑」というお店がありまして、毎年夏になるとここの中国冷麺をよく食べに行きます。



望遠洞の人気老舗中華「嘉苑」.jpg

望遠洞の人気老舗中華「嘉苑」


メニュー.jpg

夏季限定の中国冷麺はメニューにないので注意!


嘉苑の中国冷麺.jpg


嘉苑の中国冷麺の麺.jpg


ゴマ味噌っぽい見た目なんですが、酸味とコクのある冷たいスープは最高です!

ちなみにこのお店は、タンスユッも黒酢ベースのタレの酸味がとても食欲をそそる一品なので、是非夏の暑い日に中国冷麺と一緒に一度皆さんに召し上がって頂きたいおススメのお店です!


嘉苑のタンスユッ.jpg

韓国酢豚ことタンスユッ


s_写真 2022. 6. 17. 午後12 30 59.jpg

黒酢のよくきいた酸味が最高です!


無ビザとはいえまだ一時的、PCR検査も必須で、さらにコロナの再流行が続いていますが、早くまた皆さんにこういったおすすめグルメを気軽に「食べに来てください!」と言える世界になることを願いつつ、筆をおきたいと思います。



嘉苑のお店情報
編集部つるばら

コメント(1)

  • 22.08.16 / Miran78さん

    なつかしいなぁ。ここの冷麺は昔、望遠洞に住んでた時にお気に入りでよく食べてました。今は夏でもメニューにないんだ。また食べたいなぁ。具だくさんでほんのりトッピングの五香肉の香辛料の香りで中国っぽさ出てて好きでした。今も五香肉はトッピングされるのかしら。
コメント

この情報を共有

 
設定