本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > ソラミミの韓国文学の読書室

ブックレビュー「天女銭湯」「オムライス ジェムジェム」

投稿者:コネスト ソラミミ / 2020-04-21

落ち着かないニュースに日々、心がささくれてしまうような昨今ですので、気持ちが穏やかになってほっこりさせてくれる2冊をご紹介します。


まずは「天女銭湯」。ペク・ヒナの作品は日本でも数多く翻訳出版されていますので、ご存知の方もいらっしゃると思います。先日、児童文学界のノーベル賞と呼ばれるアストリッド・リンドグレーン記念児童文学賞を受賞したというおめでたいニュースも伝わっています。


さて、小さな女の子ドッチはお母さんと今日も近所の銭湯に行きます。古い銭湯はイマイチだけど、あかすりを我慢したらヤクルトを買ってもらえること、水風呂で思い切り遊べることが楽しみです。

ある日、天女だというおばあさんが現れて…。


小さなドッチの優しさがじんと胸に染みるお話で、クレイ人形によって描き出される精緻で温かい世界はここで紹介する必要はないでしょう。

感動的だったのが、これ一冊に韓国がぎゅっと詰まっているなあということです。


Resized_20200413_aa.jpeg


まずタイトルも原題は「長寿湯の仙女様(장수탕 선녀님)」。長寿というからには、いかにも仙女が登場しそうです。

またドッチが水風呂で遊ぶシーンですが韓国では子供よりも、むしろアジュンマがすごい活用してます。バタ足の練習とか普通です。

韓国では近所の銭湯のコミュニティ感は半端なく、赤ちゃんが湯船でしちゃったう○こをみんなが笑顔で「せ~の」と言いながらかき出していたのを目撃した時の衝撃は忘れられず、自分は外国人だと痛感しました。


話はそれましたがドッチがご褒美でもらえるヤクルト(昔はバナナ牛乳だったのに!)やドッチがロッカーキーで髪を結んでいたりするのは、韓国の銭湯文化として見逃せないポイントです。


著者の本作へのコメントに「子供の頃、銭湯の水風呂の壁画が滝と岩で仙人が隠れていそうなだな、でも女湯だったら仙女だなと思ったのが創作のきっかけ」とありました。

そう、韓国の銭湯で水風呂はちょっと奥まったところでなんだか薄暗い。かつ、日本のようにメインのお風呂の背景が富士山!というパキッとした明るさともちょっと違います。


今度、韓国にお越しになる際は、ぜひ銭湯を体験してみてください。

チムジルバンでもなく、スパランドでもなく、地元のおばあちゃんが朝から洗面道具一式入ったカゴを持って向かう銭湯です。きっと衝撃体験があるでしょう…。


作品中に、韓国の子供なら誰でも知ってる昔話「仙女ときこり(선녀와 나무꾼 ソンニョワナムクン)」が登場しますが、こちらも併せて読んでみてください。

「天女銭湯」の主人公である天女ハルモ二(おばあさん)のつぶやきがよくわかって、思わず、ふふふと笑ってしまいます。


ストーリーは明快ですが、読み飛ばしてしまいそうなひとつひとつの言葉や絵の中に韓国の暮らしや文化が詰まっているので、これらを味わって頂きたいと同時に、辞書を引き引き、ぜひ韓国語ででも読んで頂きたいです。

韓国語の勉強としても基礎文法はもとより、敬語、会話表現、日常生活でよく使う擬音語などが登場するので、これ一冊マスターしたら、実力アップ間違いなしです!(多分)


2冊目は「オムライス ジェムジェム~ カラーリングブック」。以前に出版された、いわゆる大人のぬり絵ですが、お家で過ごす時間が増えた人の増加で人気が再浮上しています。もともと「オムライス ジェムジェム」という漫画で、それをぬり絵にしたものです。


漫画は未読ですが、著者が1974年生まれで二人の子供の父親ということで、幼い頃の食の思い出、子育て中の子供のおやつや食事、 海外旅行での食体験など、身近な料理や食生活をテーマにした親しみやすいお話で人気。


Resized_20200413_b.jpeg


さて、このぬり絵本をおすすめする理由が「めっちゃ美味しそう」なのです。ただ絵を見るだけでお腹が空きます。


しかも、お手本用に色が塗ってある絵の隣にぬり絵用の白い同じ絵があるんですね。

それがなぜか想像力をすごいかきたてられて、頭の中にその食べ物がオーバーラップします。

ぬり絵しなくても脳内ぬり絵で、食欲がものすごく刺激されます。


もう、「めっちゃ美味しそう」。


韓国のお土産に大推薦です。 韓国にいらした際に、ぜひ本屋さんでお求めください。


BOOK DATA 1

タイトル: 「天女銭湯」 (장수탕 선녀님)

著者: 백희나 (ペク・ヒナ)

出版年:2012

価格:11,000원

ISBN: 9788993242706


BOOK DATA  2

タイトル: 「オムライス ジェムジェム~ カラーリングブック」 (오무라이스 잼잼 컬러링북)

著者: 조경규 (チョ・ギョンギュ)

出版年:2016

価格:12,500원

ISBN: 9788984319813


「天女銭湯」をはじめペク・ヒナの翻訳は大阪弁なんですね。なんでその選択だったのか非常に興味深いです。おもしろいですね。4月に日本で発売される「ぼくは犬や(나는 개다 ナヌンケダ)」も犬好きには悶絶もんの可愛さです。

「オムライス ジェムジェム」は単純なぬり絵だけではなく、漫画もあり(ぬり絵もできる)、韓国の食品パッケージのぬり絵もあって、とてもかわいいです。世界のラーメンでは一平ちゃんやどん兵衛のぬり絵もあります。

編集部:ソラミミ



コメント(0)
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

ブックレビュー「菜食主義者」

 

ブックレビュー「くるくる巻き、キムパッ」

 

ブックレビュー「江南の誕生」

 

ブックレビュー「娘について」

 

ブックレビュー「言葉の温度」

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

展示会に行ってきました!
 

コネストOPのソウルのんびりライフ

アイドル達の誕生日を祝おう!part6
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

カリっとして香ばしい、春の香りが満ち溢れる「エビセリチヂミ」を紹介します!
 

コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

プレミアム高速バスに初乗車
 

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)
 

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

実は万能食材!エゴマ粉(トゥルケカル)
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る
 

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
       
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細