本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > ソラミミの韓国文学の読書室

ブックレビュー「仕事の喜びと哀しみ」

投稿者:コネスト ソラミミ / 2019-12-17

表題作「仕事の喜びと哀しみ」他、7編が収められている、 チャン・リュジンの初作品。

1986年生まれの著者の世代が主人公で、登場人物のほとんどが会社員です。

主人公として設定されている人物は、平凡なスペックで、なんとか勤めてはいるものの、思うようにならないことも多く、給与には満足できず、でも、頑張っているし、夢だけ見てはいられない現実感を持った良識ある普通の人々です。


主人公たちが遭遇する小さな事件、そのキーとなる人たちのキャラが、まあ際立っていること。

「いるわあ、こういうヒト~」「あるわあ、こんなコト~」

思わず声に出しちゃいました。


さて、「仕事の喜びと哀しみ」。
中古品販売アプリ「うどんマーケット」に勤めるアンナがヘビーユーザーであるニックネーム:カメの卵に会いに行きます。
カメの卵が、毎日、毎日、品物(それも結構、高価)をアプリにアップするので、不法に仕入れたものを横流ししているのでは?と疑った社長が買い手になりすまして偵察に行け、とアンナに命じたからです。
約束の場所に行ってみると、現れたのは洗練されたスーツを着た大人の女性、首からは大手クレジットカード会社の社員証を下げています。
どうして毎日たくさんの品物を売りに出すのか?思い切って尋ねたアンナに答えたカメの卵の事情は想像もつかないものでした…。

BIG_20191217_084608.jpeg

なかなかの会社員ホラーです。
簡単に言うと、カメの卵は上司の不興を買って(しかも理不尽な理由で)、部署異動させられ、それで終わったと思ったら、その上司に復讐されたということ。まあ、びっくりですが、ない話ではない。
男の嫉妬やイジケが一番面倒くさいよね、と言っていた会社の先輩の言葉を思い出しました。

会社に勤める方々なら誰しも経験があると思います。
私が怒られた理由って、私がこんな目に遭った理由って、
「え?そこなの?」

カメの卵は言います。
「これはおかしいって思ったらダメなのよ。そう思い始めたら自分の頭がおかしくなるから」

わかるー。わかるー。ザ・会社員。

カメの卵は落ち着いてみると、現実を受け入れることができ、やり過ごすことができ、新たな方法を見つけたと言います。
正確には「バランスを取っている」と。
その話を聞くうちに、アンナも会社での振舞いや苦手な同僚への対処法を見直していきます。

この短編にはいくつもの糸が縦横にはりめぐらされ、物語が紡がれていきます。
・アンナの職場
・カメの卵の職場
・二人の職場がある街
・仕事のやりがい
・職場の人間関係
・二人の女性の仕事観や悩みの交錯
・給与
・働くこととは?

これらを凝縮させながら、リアリティだけでなく、小説としての非現実感、空想妄想をかきたてる余白もあって、ストーリーテラーとしての著者の実力を感じます。

また、キャラ立ちしているキーマンと相対させることによって、一見、地味で無個性に見える主人公たちを浮かび上がらせるだけでなく、主人公の性格や感情をディテールで表現しているのが秀逸です。

「神は細部に宿る」

おみそれしました!

BOOK DATA
タイトル: 「仕事の喜びと哀しみ」 (일의 기쁨과 슬픔)
著者: 장류진 (チャン・リュジン)
出版年:2019
価格:14,000원
ISBN: 9788936438036

実にみずみずしい短編小説集です。良い作家に出会うと「わあ、なんじゃこら」と浮き浮きしてしまいますが、2019年も終わろうという最後の月によい作家に出会えました。
純粋に嬉しい限りです。10月の発刊以来、人気を集め早々にベストセラーに上がってきています。日本でも翻訳されるといいですね。
さて、今年も大変お世話になりました。 来年もよい本に出会えますように!

編集部:ソラミミ



コメント(2)
コネスト ソラミミさん
こんにちは。
いつも面白そうな韓国の本の紹介をして下さり、ありがとうございます。
今回のような本、特にキャラの際立っている人々の人間描写が上手な本は、大好きでして、ついつい読んでしまいます。
韓国の本を読む事は、今の私の韓国語の読み書きの能力では到底無理ですが、ソラミミさんが書かれたあらすじをお聞きするだけでも、間違いなく面白そうだと感じます。
日本では少し前から、一流大学卒の若者がせっかく大手会社に就職しても、1年以内にかなりの人が辞めてしまうそうです。
その多くが、職場での人間関係が原因だそうで、
韓国でも日本でも、職場での人間関係というものが、いかに難しいものかという事を感じますね。
このような本を読む事で、人間関係について客観的に考える事が出来、何か少し気が楽になるような気がします。
私も本が好きでして、本はかなりの確率でバックに入れて持ち歩いております。
良い本との出会いは、自分の運命を変える位の出会いだと感じる事もあります。
来年も、良い本との出会いがあるといいですね。
ソラミミさん、来年も韓国の本のご紹介、そしてあらすじなど楽しみにしております✨
少し早いですが、良いお年を!
修正 削除依頼 19.12.17 / bianさん
bian様

アンニョンハセヨ!コメントありがとうございます。

会社が舞台の小説は日韓共におもしろいですね。
でも、日本の小説は普通の会社員がヒーローっぽく、痛快に成し遂げる話も多いですが、
韓国のはやっぱり、ちょっと、ねっとりしてるかもしれません😅


翻訳されていない本の紹介が多いので、実にマイナーなコーナー(正直役に立たない)にも関わらず、応援のお言葉を頂けて感激しています😍


ソウルにはブックカフェも多いので、機会があればご紹介できたらと思います。


今年一年、コネストをご愛顧くださいまして、ありがとうございました。
来年もコネストを、そしてこの小さなコーナーを、どうぞよろしくお願いいたします🐁
修正 削除依頼 19.12.17 / コネスト ソラミミさん
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

ブックレビュー「女子、 師任堂」

 

ブックレビュー「殺人者の記憶法」

 

ブックレビュー「男は去っても、日本語は残った」

 

ブックレビュー「くるくる巻き、キムパッ」

 

ブックレビュー「ひょっとしたら星があなたの哀しみを持っていくかもしれない」

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

展示会に行ってきました!
 

コネストOPのソウルのんびりライフ

アイドル達の誕生日を祝おう!part6
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

カリっとして香ばしい、春の香りが満ち溢れる「エビセリチヂミ」を紹介します!
 

コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

プレミアム高速バスに初乗車
 

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)
 

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

実は万能食材!エゴマ粉(トゥルケカル)
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る
 

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
       
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細