本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

済州島の漢拏山へ登山

投稿者:コネスト Yoメン / 2018-11-27

我輩はコネスト特別捜査官Yoメン。
普段はブラインド越しにソウルの街を観察しているが、ひとたび事件が起きたり、気になることがあれば、どんな難題だろうが即座に現場に赴いて解決する。そんな我輩のことを人々はYoメンと呼ぶ。

10月中旬、久々に済州島(チェジュド)へ旅行に行ってきた。土曜日の朝に金浦空港を出発する便、日曜の夕方に済州空港を出発する便を予約したので、2日間まるまる楽しんだ。今回の一番の目的はまだ登ったことのない「漢拏山(ハルラサン)」の登頂。ちなみに、金浦空港の「国内線」のリニューアル工事が終わり、かなりキレイになった。国内線を利用する方はあまりおられないかと思うが、ご参考までに。


◆観音寺(クァヌムサ)登山口⇒頂上・白鹿潭(ペンノッタム)⇒城板岳(ソンパナッ)登山口


まず「漢拏山」は、7つの登山コースがあるが、頂上まで行けるのは北側の「観音寺登山口」と、東側の「城板岳登山口」の2つのみ。その他の西側や南側の登山口は頂上まではたどり着けないようになっている。そこで我輩は「観音寺(北側)」から頂上を経て「城板岳(東側)」へ抜けるルートにしてみた。

なお、観光客がアクセスしやすいのは済州市内~西帰浦市内のバスが頻繁に通る東側の「城板岳」だ。ここを拠点に単純に往復するのが最もアクセスが便利で、「観音寺」はバスがほとんど来ないし、市内中心部から直通のバスもないので要注意。我輩は実際には、山のふもとの済州大学まで市内のバスで行き、大学の正門からスタートしたが、大学から観音寺までの区間は省略しようと思う。


◆観音寺(クァヌムサ)登山口⇒耽羅(タムナ)渓谷⇒三角峰待避所⇒頂上

「漢拏山」の公式サイトによると「観音寺コース」は約8.7kmで、頂上まで5時間と表示されている。我輩はトレーニングも兼ねて約2時間半で頂上に到着。登山道は一本しかないので道に迷うことは無く、階段もかなり整備されているので、とても登りやすいコースだった。初心者でも時間はかかるであろうが、難易度はかなり低いので安心して登り降りできるコースというのが印象だ。

A03_IMG_9287.jpg

美しい紅葉を眺めながら、渓谷沿いを進む

A04_IMG_9290.jpg

三角峰待避所。ここで入山時間制限があるので、タイムオーバーすると頂上までは進めない。事前に入山制限時間を確認されたし

A05_IMG_9294.jpg

ソウル近郊ではなかなかお目にかかれない雄大な景色を眺めながら遊歩道を進む

A06_IMG_9295.jpg

岩肌の紅葉も素晴らしい

A07_IMG_9297.jpg

もうすぐ頂上。雲と同じくらいの高さまで来た。眼下には済州市内と大海原が広がる



◆頂上⇒チンダルレ待避所⇒ソッパッ待避所⇒城板岳登山口

標高1,947mの頂上には「白鹿潭(ペンノッタム)」と書かれた石碑があり、記念撮影スポットなので、時間帯によっては長蛇の列になっている。次の順番の人にカメラや携帯を渡してお願いすれば、撮ってくれるのが韓国式だ。また展望台からは火口湖が運よく見えた。霧がかかっていたりして見えない日が多いそうだが、運よくバッチリ見え、たいへん感激した。

頂上から「城板岳登山口」までは約9.6kmの下山。登る場合は約4時間半と公式サイトで紹介されている。この登山道は登山口周辺こそ歩きやすいが、頂上付近から中腹までは階段とガレ場(大きな石が散乱する場所)の繰り返しで、結構歩きづらく(走りづらい)、「観音寺コース」に比べると難易度が少し上がると個人的に思う。

B01_IMG_9305.jpg

「白鹿潭」の石碑

B02_IMG_9301.jpg

頂上展望台から見える火口の湖

B03_IMG_9310.jpg

城板岳登山口に到着。売店や簡易食堂あり

B04_IMG_9311.jpg

バス停で済州市内行きのバスを待機。電光掲示板でバスの到着時間の案内あり

B05_IMG_9312.jpg

バスを待ちながら、一番奥に見える「漢拏山」を眺める

韓国で最も高い山がこの「漢拏山」(1,947m)だ。2番目が智異山(チリサン・1,915m)、3番目が雪岳山(ソラッサン・1,708m)だ。朝鮮半島全体を見渡してみると、中国と北朝鮮の国境にある白頭山(ペットゥサン)、中国名は長白山が標高2,744mとなっていて、韓国の登山愛好家たちは中国経由で登頂している。我輩はまだ智異山に行ったことがないので、機会を作って訪問してみたいと思う。

なお、コネストでは「漢拏山ツアー」があるので、ご参考されたし。


ありとあらゆる地方都市を訪問しながら、現地の観光名所・名物料理を紹介する特別任務。韓国の地方各地の情報が日本で広まるその日まで、Yoメンが休むことはない。

コメント(0)
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

KARAのドラマ・ロケ地を追う

 

浦項で、ムルフェを食べながらサッカー観戦

 

嶺南アルプス(蔚山~密陽)を登る

 

9/2(土)開通!牛耳新設線に乗って道詵寺へ

 

そうだ、安東へ行こう

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

韓国野球大好き!観戦のポイント(?)を紹介します!
 

コネストOPのソウルのんびりライフ

アイドル達の誕生日を祝おう!part4
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

中国にはない中国料理、ジャージャー麺を紹介します。
 

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★
 

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

実は万能食材!エゴマ粉(トゥルケカル)
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪
 

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
           
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細