本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

ありがとう、セマウル号

投稿者:コネスト Yoメン / 2018-04-30
我輩はコネスト特別捜査官Yoメン。

普段はブラインド越しにソウルの街を観察しているが、ひとたび事件が起きたり、気になることがあれば、どんな難題だろうが即座に現場に赴いて解決する。そんな我輩のことを人々はYoメンと呼ぶ。

今日、4月30日に、ひっそりとその役目を終える列車がある。セマウル号だ。1969年に登場した特急列車で、我輩がはじめて韓国で乗車した2003年は列車の色が緑色だった。その後、青色に塗装がかわり、気動車から機関車牽引に変わっていった。当時はソウルから釜山(プサン)まで最速約4時間で結ぶ夢の超特急だったのだが、 韓国高速鉄道KTXの登場により、運行規模が徐々に縮小され、また車両の老朽化により、最新型の車両ITX-セマウル号に徐々に置き換えられはじめてきた。最後は龍山(ヨンサン)駅から長項(チャンハン)線経由の益山(イクサン)駅行きが1日5往復するだけになっていたが、本日をもって廃止となった。

我輩は、このセマウル号での列車旅がとても好きだった。セマウル号の最大の魅力は座席の素晴らしさ。車内には日本のJRのグリーン車に相当する「特室」と、指定席に相当する「一般室」の2つがあるのだが、「一般室」でも、座席間の幅がとても広く、シートもふかふかしていて、当時日本の窮屈な特急列車と比べ「何と素晴らしいことか!」と感銘を受けたものである。KTXも一般室は窮屈で座席も良くないが、セマウル号の座席の素晴らしさをもう一度体感したく、乗車してきた。


◆龍山駅



龍山駅に到着


機関車牽引


塗装はかなり剥げ落ちている


今後はもう見られない行き先表示盤


食堂車が連結


機関車を見ると、そのカラーからどうもムグンファ号をほうふつさせるものがあり、最後くらいセマウル号ならではの気動車を見たかったが、もう無いので仕方ない。プラットホームでは、我輩のほかにも熱心に一眼レフで写真を一生懸命とっている、いわゆる鉄っちゃんが数人いた。


◆乗車


食堂車の様子


時間がなかったので、永登浦(ヨンドゥンポ)駅まで


一般室の様子


相変わらずフワフワしているシート


(短い)足もたっぷり伸ばせる間隔の広さ


久しぶりに乗車したセマウル号のシートは、かつて感銘をうけたシートそのままだった。座席が広い分、収容人数が少なくなるので収益があがらないのは良くわかるが、素晴らしいシートだった。


◆出発


いよいよ出発


漢江(ハンガン)を渡る


永登浦駅到着


ここから乗り込む客もたくさん


今までありがとう!



龍山駅から永登浦駅までは、約7分。本来ではあれば、もっと乗車したかったのだが、スケジュール上、この列車にしか乗れなかったが、最後のセマウル号の勇姿はしかと記憶にとどめ、永登浦駅では列車が見えなくなるまで見送り、かつて韓国の鉄道輸送を支えた偉大なる列車に敬意を表したい。

ありとあらゆる地方都市を訪問しながら、現地の観光名所・名物料理を紹介する特別任務。韓国の地方各地の情報が日本で広まるその日まで、Yoメンが休むことはない。

コメント(2)
龍山から益山へはKTXで1時間ちょっとで行けますが、
レトロで重厚な座席に座り、のどかな長項線の車窓を眺めながらの
セマウル号の3時間の遠回り旅は本当に素晴らしいものでした。
KTX開業当初はこのセマウル号車両は古くて遅い過去のものとして敬遠していましたが、
各路線から撤退し、長項線のみ運行となってしまってから、ようやくこの列車の有難さをわかることができました。
永登浦や水原などでところどころ剥げ落ちた塗装のセマウル号客車を見るたびに、かつてソウル釜山という大動脈を担い、韓国の発展とともに歩んできた車両に歴史を感じ、晩年はローカル線で優雅に末永く走り続けてほしいと思っていました。
早いけど窮屈な最近のKTXやSRTは列車に乗ることが旅ではなく単なる移動手段になってしまったいま、また一つ旅情ある車両が消えゆくことは寂しいものです。

修正 削除依頼 18.04.30 / hakol tovさん
コメントありがとうございます。
新しいものが登場し便利になる反面、古く懐かしいものがなくなる瞬間はとても寂しい限りですね。
義王の鉄道博物館に1両でも良いので、展示してくれたらいいのにな、と願ってやみません。
修正 削除依頼 18.04.30 / コネスト Yoメンさん
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

「ソウル世界花火大会」を穴場スポットから鑑賞

 

嶺南アルプス(蔚山~密陽)を登る

 

河南市の新名所・ユニオンタワー

 

KARAのドラマ・ロケ地を追う

 

釜山で大流行中「かまぼこコロッケ」

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

ブックレビュー「普通の存在」
 

コネストOPのソウルのんびりライフ

国立国楽院 土曜名品公演を観覧してきました!
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

豆もやしと多様な野菜が調和し、食感が楽しめる料理、「テペサムギョプサルコンブル」を紹介します。
 

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★
 

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

実は万能食材!エゴマ粉(トゥルケカル)
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪
 

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
           
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細