本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

ヴィバルディパークでスキー

投稿者:コネスト Yoメン / 2016-02-23

我輩はコネスト特別捜査官Yoメン。
普段はブラインド越しにソウルの街を観察しているが、ひとたび事件が起きたり、気になることがあれば、どんな難題だろうが即座に現場に赴いて解決する。そんな我輩のことを人々はYoメンと呼ぶ。


2月も後半に差し掛かったせいか、世間は厳しい寒さもようやく収まりつつあるが、冬のレジャースポーツを楽しもう!ということで2月上旬にスキーを楽しんできた。行き先は江原道(カンウォンド)の洪川(ホンチョン)にあるヴィバルディパーク(地図)。スキー場あり、ゴルフ場あり、ホテル(コンドミニアム)あり、大型プールありと、冬も夏も大人気のレジャースポットである。


無料のシャトルバスに乗車

ヴィバルディパークのホテル・メイン棟

ホテルのすぐ目の前がスキー場

チケット売り場でチケットを購入
ソウルの各地域からヴィバルディパークまでは事前予約制の無料往復シャトルバスが運行しており、我輩も同行者と一緒に東大門(トンデムン)からバスに乗車。約2時間でスキー場に到着した。リフト・レンタル券は時間ごとに種類がいくつかあるが、「午後券」が12:30から利用できるということで、スキー場とホテル棟の間を結ぶ地下街のフードコートで、空腹を満たしてからスキー場へと向かった。 ちなみに地下街にはフードコートのほかにもレストランやカフェ、ゲームセンター・スーパー、映画館まであり、なかなか凄い。


カード型のリフト券

用紙のチケットに名前と板・靴のサイズを記入

記入した用紙と身分証明書をここで提出

その後、受取り場で板と靴を受け取る

再びスキー場に戻り、チケット売り場でカード型のリフト券と、レンタル用品のサイズを記載する紙を受け取った。ヴィバルディパークを初めて利用する我輩一向は事情があまり分かっておらず、とりあえず靴・板レンタル所に行ったところ、係員から「紙に名前と、靴・板のサイズを記入して、先にあちらの案内所に提出してきてください」と言われ、初心者ぶりをいかんなく発揮(ちなみにチケット売り場でもそんな説明は受けなかったし、レンタルするまでの手順もどこにも案内がなく、初心者は戸惑うこと間違いなし・・・と、いちおう自己フォローしておく)。無事に靴・板を借りた後、コインロッカーに荷物をまとめたら、いざゲレンデへと出発。


ゴンドラに乗れば一気に頂上へ!

周りの山に雪は無いが・・・それなりに楽しむ

入門コース、初級・中級・上級・最上級までコースは様々だが、最上級コースといっても傾斜が深いだけで「コブ」は一切ないので、中学生からスキーをやっている我輩としては、最上級という感じはしない。また、ゴンドラで頂上まで登っても、驚くほどコースが短いので、あっという間にゴールである。周囲の山々に雪はなく、人工雪なので雪質はそれほど良くなく、丸々一日がっつりやるというよりは、半日程度、軽い気分でスキーを楽しむくらいかな、と思った。それにしても、ここにも中国や東南アジアの団体客がたくさん来ており、ゲレンデ付近では初めてのスキー場にテンションがあがる外国人観光客が多数・・・という、なかなか多国籍な雰囲気を醸しだしていたのには驚いた。


オーシャンワールド入口

チケット売り場

室内料金チャージ窓口

室内プールの様子

スキーの後は、冷めた身体を温めるべく、冬は温水プールとなっているオーシャンワールドへと移動。スキー場から徒歩で5分程度のところにある。夏は超大型ウォータースライダーが目玉のプールだが、冬は屋外施設のほとんどが閉鎖されており、室内温水プールを中心に全体の4分の1程度の空間だけが利用可能で、特に室内プールはどちらかというと乳児・園児向けなので大人が楽しめるようなものはあまりなく、冬はあまり楽しめないな、と思った。室内プールの上層階にはチムジルバンもあり、ここでのんびり過ごすのは良いだろう。


「食客」という食堂

韓牛(ハヌ)を頂く。

スキー場やオーシャンワールドにも、それぞれ食堂やカフェなどが併設されているが、ここまでスキーもプールもあまり満足せずに過ごしており、せっかっく江原道の洪川まで来たのだから、最後くらい現地の美味しいものを食べて帰ろうということで、洪川名産の韓牛(ハヌ)を食べた。豚肉は焼くのに時間がかかるが、牛はやはりあっという間に焼きあがる。しかも高級な韓牛なので、焦がさないよう丁寧に焼いて、ペロリと美味しく頂き、終わりよければ全て良しのスキー旅行となった。スキーを気軽に楽しむ程度ならヴィバルディパークでも十分だが、本格的に楽しむなら、2018年の冬季オリンピック開催が決定している平昌(ピョンチャン)のスキー場の方がオススメである。


ありとあらゆる地方都市を訪問しながら、現地の観光名所・名物料理を紹介する特別任務。韓国の地方各地の情報が日本で広まるその日まで、Yoメンが休むことはない。

コメント(0)
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

夏だ!大邱だ!世界陸上だ!

 

ありがとう、セマウル号

 

JSAセットで有名な南楊州総合撮影所

 

桜満開の鎮海軍港祭

 

河南市の新名所・ユニオンタワー

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

韓国のキャンプ場でヒーリング&ご当地グルメ
 

コネストOPのソウルのんびりライフ

ミュージカル「エクスカリバー」を観覧してきました!
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

ポロポロ感が生きている6月の味!明太子ジャガイモスープを紹介します。
 

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★
 

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

実は万能食材!エゴマ粉(トゥルケカル)
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪
 

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
           
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細