本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

森の中のANDO建築へ

投稿者:コネストqing / 2013-07-02

 山の真ん中に日本の建築家、安藤忠雄の設計した美術館ができた、という話を韓国の友人から聞いた。
友人は同氏がてがけた香川県直島の「地中美術館」にも訪れたことがあるそうだが、いわく「そこに劣らず面白かった」とのこと。

江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)に今年の5月に開館した「ハンソルミュージアム(Hansol Museum)」のことだ。
HPを見ると『世界的建築家 安藤忠雄が設計した、韓国最大の庭園ミュージアム』『空と向きあう場所、芸術と通じあう場所、真実の瞬間と出会う場所』となんとも美術館らしいふれこみ。

原州へはソウルから1時間半ほどでアクセス可能。またqingの好きな食べ物の一つ・チュオタン(どじょう汁)の分流、原州式チュオタンが有名な街でもある。外出を楽しむのにぴったりなこの時期、週末に日帰りででかけてみた。



*****
「ハンソルミュージアム」は原州市街から車を30分ほど走らせた先、山間のリゾート「オークバレー」の中にある。広大な敷地にゴルフ場やコンドミニアムがたてられた、地元で人気の避暑スポットだ。
リゾートなので確かに開発整備はされているのだが、四方は完全に山に囲まれていて、到着するとその清清しさにまず驚いた。   
 
  周囲はゴルフ場と、ひたすら山 こんな中に美術館がある


美術館のつくりは独特だ。案内ホールをすぎると、巨大なモニュメントが迎える散策路に出る。抜けると本館が見えるのだが、建物をぐるりと囲むように水が循環しているのだ。
これらはそれぞれフラワーガーデン、ウォーターガーデンと名づけられている。9つの岩がモチーフになったストーンガーデンを合わせた3つの野外空間が、特徴となっている。

内部も3つに分かれる。韓紙の産地である原州に似つかわしい「ペーパーギャラリー」、ペク・ナムジュンの展示物をはじめ韓国の近現代の美術作品を見せる「チョンジョギャラリー」、そして『光の魔術師』の異名をもつ設置美術家、ジェームズ・タレルによる展示空間だ。アート作品はやや乱暴にまとめると、抽象的なものが目立っているように思う。

そしてそれらを包んでいるのが、直線と曲線とが折りかさなった、安藤忠雄の建築だ。大きくとられたガラスの先には、原州の美しい山が広がる。
 
ウォーターガーデン。巨大なアートの門をくぐり、本館に向かう  
 

敷地が奥にずっと長く、入口へ行くには元来た道を戻らなければならないのも特徴の一つだ。
一見じれったいような空間構成だが、見学を終えた後は、これこそが美術館の思惑なんだと気づかされた。

光と影、線、形、材質。展示を見終えると、感覚がそういう根本的なものに驚くほど敏感になっており、建物も作品も初めと全く別の感覚で迫ってきたからだ。
正直、普段は現代美術ってなんだかよくわからないというのが本音。でも今回は不思議とその「わからなさ」が「面白さ」につながったのだ。

それは個々の作品はもちろん、建築・展示、そして広大な自然(これ大きいと思う)が合わさった空間そのものが、シンプルに楽しめたからじゃないかなあと思っている。

(展示室を除く建物自体と庭園は撮影OKだったので、雰囲気をいくつかご紹介する)

石とコンクリートからなる建築 窓が広く、内と外が一度に覗ける 直線・曲線美が美しかった
フラワーガーデン。春には真っ赤な
なでしこの花で埋め尽くされるそう
ストーンガーデンを見ると、
岩がちな韓国の山を思い出した
付帯のカフェのオープンテラス。
ここは心地よすぎる!



*****
安藤忠雄は韓国にもファンが多いと聞いていたが、たしかにカップルで訪問していた男子が彼女に安藤忠雄の建築哲学っぽいことを語っていたり、他の訪問客の話の端々からも、ANDO人気がうかがえた。

季節を変えて訪れたらまた別の雰囲気を感じられるはず。山が色づくくらいの時期にもう一度行ってみようかと思っている。

────────────────────
(2013年7月時点)
・入場料:
本館+ジェームズ・タレル館:25,000ウォン、本館のみ:12,000ウォン ※営業時間、休業日はこちら
・美術館HP:www.hansolmuseum.org(韓国語)
・アクセス参考:
車がベストだが、qingは原州市街とオークバレーを結ぶ無料シャトルバスを利用した(本数が少ないので注意)。下のような旅程になった。
ソウル⇔原州間の移動について。行きは高速バス、帰りは鉄道のムグンファ号を使ってみたが、バスは本数がある&ターミナルが原州市内中心部にあり便利だった。車窓の風景やちょっとレトロな車内など、旅情を楽しみたいなら、鉄道が推しだ。

  (8:00)ソウル高速バスターミナル発 → (10時前)原州高速ターミナル着 → (10:02)ターミナル付近(位置)からシャトルバス乗車 → (10:40頃)「ハンソルミュージアム」前で下車 →→ (15:15)「ハンソルミュージアム」前からシャトルバス乗車 → (15:50頃)原州駅前(位置)で下車  →ソウル清涼里駅
※時間は目安です。シャトルバスの時間等は、美術館のHPから必ず確認してください

コメント(0)
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

アートの宿る旅館

 

オンドルアイス、解禁

 

ちょっと嬉しい「社交辞令」

 

「昼ビール」が似合う街

 

ハルモニゾーン(広蔵市場編)

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

韓国のおススメ新商品アイス!「凍らせて食べるアイス」を紹介します
 

コネストOPのソウルのんびりライフ

ミュージカル「ドラキュラ」を観覧してきました!
 

ソラミミの韓国文学の読書室(連載終了)

ブックレビュー「アンニョン、酒飲みたち」
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

カリっとして香ばしい、春の香りが満ち溢れる「エビセリチヂミ」を紹介します!
 

コネスト特別捜査官Yoメンが行く!(連載終了)

プレミアム高速バスに初乗車

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★
 

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)
 

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

実は万能食材!エゴマ粉(トゥルケカル)
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る
 

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
       
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細