本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

韓国のシーワールドをご存じ?

投稿者:コネスト コッコ / 2013-02-12

アンニョンハセヨ!コッコです。先週末(2月9日~11日)韓国はソルラル(旧正月)連休にあたり、我が家も例のごとく旦那の実家に里帰りしておりました。
今年は連休が短かったため、ニュースなどでは、かなりの渋滞になるのではという予測でしたが、そこまでひどくなく、行き帰りともに通常+1時間程度で済みました。故郷に帰らずソウルで過ごした人たちも多かったようですね。

さてさて、タイトルにある「シーワールド」。「なになに?水族館?」と思われた方もいらっしゃるでしょう…。
実はこれ、韓国で最近流行っている新語で、旦那の実家(シデク)のことなのです。

韓国語では、姑のことを「シオモニ」、舅を「シアボジ」、義姉・義妹を「シヌイ」、義弟を「シドンセン」と呼びますが、これ全部に共通しているのが「シ」の字。つまり、シーワールドとは、「シのつく人々がいる世界」=「旦那の実家」という訳です。昨年放映され高視聴率を博した「棚ぼたのあなた」(KBS)というファミリードラマで初登場、一躍流行語になりました。

掃除や買出しなど親族を迎える準備に大量の料理作りと皿洗い、そしてまた掃除…と、韓国では秋夕(チュソク)やソルラルといった名節に嫁(ミョヌリ)の負担が大きく、疲労困憊で中には精神的なストレスのため病に倒れてしまう人も…。そんな様子を指した「名節症候群」という言葉が昔からありましたが、最近は「シーワールド症候群」とも表現されるそう。

嫁ぎ先の人々との葛藤というのは国を問わずどこにもあると思いますが、家族・親族との関係性が深い韓国の場合は、なかなかもって大変で、苦労している友人たちの声も数多く聞こえてきます。

気になるコッコ家の「シーワールド」ですが、幸か不幸か(?)、義姉・義兄が海外にいるため(旦那は末っ子です)、シプモ(義両親)と私たち夫婦のみの非常にあっさりした世界です。
祭祀も色々な事情が重なり(この辺りはストレス満載の内容ですが、また別の機会に)今年から行なわないことになったので、今回は、ただただのんびり過ごして参りました。上げ膳据え膳でシオモニからは冗談か本気か「姑にご飯を準備させるなんてどこの嫁かい」と言われますが、まあ、そこは愛嬌(エギョ)で乗り切り…。

愛嬌のひとつも見せられず、一言一言に気分がアップダウンしていた以前に比べると、結婚4年目にしてシーワールドを生きる術が少しは身についてきたのかな…と
シオモニと2人寝転がり、ツッコミ満載でドラマ鑑賞する自分を振り返りながら、ふと思った次第であります。
(単に図太くなっただけかと思いますが…)

~2013コッコ家ソルラルの風景~


名節に欠かせない金一封。シデクには今年は商品券を贈りました(金額も難しい!)


名節に欠かせない各種ジョン(チヂミ)。今年は着いたら既に完成していて思わず「ほっ」


旧正月当日の朝食は、薄い楕円形の餅が入ったトックッ(餅スープ)。お雑煮の感覚です。


家にいてもタプタッパダ(もどかしい)ということで、シオモニと淳昌(スンチャン)剛泉山へ。


さらに潭陽(タミャン)まで足を伸ばし、有名なテジカルビの店でたらふく食べ…。


真夜中の高速道路をひたすら走り、無事ソウルへと戻ってきました。

編集部:コッコ
コメント(4)
シーワールドなる語、初めて知りました!今度ダンナに聞いてみよう♪
私は韓国語もまだほとんど喋れないのでダンナの実家に行くのは毎回憂鬱で、
コッコさんの「愛嬌のひとつも見せれず、一言一言に気分がアップダウン」にすごく共感
私も早くうまく立ち回れるように図太くなりたいものです。笑
修正 削除依頼 13.02.13 / [退会ユーザー]さん
sucremariさん、はじめまして!
コメント有難うございます。
韓国でご結婚生活を送られていらっしゃるのですね。
同じ立場の方から共感いただけて、とても嬉しいです
色々な出来事を繰り返して、ある種「あきらめ」の気持ちを持つことで私の場合は楽になりました。
あきらめ・・・というと聞こえが悪いかもしれませんが、心を広く持つ、ときに受け流す(笑)というところでしょうか。
奥深いシーワールド、共に乗り越えていきましょう!!!
修正 削除依頼 13.02.14 / コネスト コッコさん
コッコ様

シーワールド、面白い言い方ですね、勉強になりました。
早速主人に会ったら言って驚かせてやりたいです。
私の主人も韓国人です、今私は大阪、主人はソウルでと離れて暮らしています。
シーワールドのシオモニとは、結婚前から毎年ニ、三回田舎で会います。
私は韓国語が、お姑さんは日本語が出来ずで二人でいつも顔を見合わせているだけです。
お料理は準備されていて後片付けも全てやってくれます(一応私は後片付けをやるというアクションをするのですが)。
話す事があれば主人を通します。
お姑さんは私の事をおとなしい優しい嫁と思っているようです。
言葉が通じないというので良い事もあるようです。
修正 削除依頼 13.02.16 / ka250さん
ka250さん、コメント有難うございます。
日韓夫婦という同じ境遇の方からのコメント、またまた大変嬉しいです!
我が家も、当初は義母が外国人嫁という存在に慣れず完全にお客様扱いで
早く家族として溶け込みたい私にとっては逆にストレス・・・みたいな時期もありました。

>言葉が通じないというので良い事もあるようです。
分かります(笑) それとなくフリをして乗り切ったことも・・・
生まれも言葉も異なるだけにいろんな出来事がありますが、
自分なりのストレスためずに生きていく術みたいなものができてくるような気がします
修正 削除依頼 13.02.18 / コネスト コッコさん
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

いとしのオイマッコチュ

 

韓国でついに出会った!愛しきゴーヤ

 

韓国のおすすめライフスタイル本

 

チプトゥリ(引越しパーティー)しました!

 

カンジ?シマイ?アッサリ?言葉は生き物!

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

展示会に行ってきました!
 

ソラミミの韓国文学の読書室

ブックレビュー「2020 第11回若い作家賞受賞作品集」
 

コネストOPのソウルのんびりライフ

アイドル達の誕生日を祝おう!part6
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

カリっとして香ばしい、春の香りが満ち溢れる「エビセリチヂミ」を紹介します!
 

コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

プレミアム高速バスに初乗車

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★
 

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)
 

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る
 

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
       
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細