本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

鬱陵島(ウルルンド)に行ってきました

投稿者:コネスト コッコ / 2009-08-11

アンニョンハセヨ!コッコです。8月も中旬となり、日本はそろそろお盆休みですね。故郷に帰ったり、旅行に行ったりと、年に1度の長いお休みをいかがお過ごしでしょうか?韓国も今、夏の休暇シーズン真っ盛り。先日、コネストスタッフ6人も休暇を利用して旅行に出かけてきました。悩みに悩んで選んだ行き先は…はるかなる東海(トンヘ、日本海)に浮かぶ島、鬱陵島(ウルルンド)。ソウル出発、朝5時半。KTXとバス、そして船を乗り継ぐ片道7時間以上の長距離旅行です。

海底火山が爆発してできた火山島である鬱陵島は、韓国では美しい奇岩が見られる「神秘の島」として知られ、人気の高い旅行先。今回コネストスタッフは初めての鬱陵島行きということで観光付きのツアーを利用しました。陸路での観光や、鬱陵島一周遊覧船、独島(日本名:竹島)見物など、3日間盛りだくさんの内容で、貴重な体験もたくさんしましたが…。
不思議なことに、その1つ1つを思い出そうとしても、非常に記憶が曖昧なのです(汗)。もちろん、豊かな自然を目にし、新鮮な空気を吸い、火山島らしい切り立った岩を眺めて感激したのは確かなのですが、鮮明に目に焼きついているものがないのです。「鬱陵島マジック」とでも名づけましょうか。これまで、いろんな場所を旅しましたが、こうした経験は初めてです。

それは、曇りがちな天気も相まって、島全体がどこかぼんやりとした雰囲気に包まれていたからかもしれません。島一番の繁華街である船着場付近には特産物であるイカの日干しがゆらゆらと揺れ、港の前のタバン(喫茶店)では手持ち無沙汰なアジョッシ(おじさん)たちがコーヒーをすする。誰一人急ぐことなく、時間に追い立てられるのは出発を知らせる船の汽笛ぐらい。若者は陸地へ出てしまって少ないため、流行やトレンドはどこへやら。少し荒々しい人々の口調と、そっけないサービス。鬱陵島にはカラー写真を撮っても、セピア色に写るような独特の空気がありました。

出発前、少なからず抱いていたリゾート地のイメージは期待はずれに終わりましたが、6人全員が鬱陵島でしか感じられない独特の雰囲気をポジティブに満喫しつつ、非常に楽しい時間を過ごしてきました。「もう1度行く?」と聞かれたら、コッコの答えはノーコメントですが(笑)。

編集部:コッコ

コメント(0)
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

忙しいときの救世主・トンジョリム(缶詰)

 

夏にオススメ!韓国の涼グッズ

 

新緑の仁王山をハイキング

 

チプトゥリ(引越しパーティー)しました!

 

家と家庭をまもる韓国の神様たち

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

ブックレビュー「老舗の商法」
 

コネストOPのソウルのんびりライフ

Seventeenデビュー3周年記念展示会に行ってきました!
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

今すぐ行けないなら、作る!! オジンオスンデ(イカスンデ)を紹介します。
 

コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

今年も巨済島(コジェド)へ
 

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)
 

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪
 

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
           
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細