本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

済州島珍道中

投稿者:コネスト ふぐやん / 2016-06-20

3月末、急に主人が済州島(チェジュド)に行こう!と言い出し、突然旅行に行くことに。きっかけは航空券が非常に安かったこと(アシアナ航空、1人往復6万ウォンほど!)です。2人して旅行好きなのですが、韓国に来てから気づけば3年、日本を除いてのんびり旅行をする時間もなく慌しく過ごしてきました。

4月の選挙休み(13日)を利用して3泊4日の予定。しかし、ツアーではない個人旅行、めでたく?珍道中と相成りました…。どう珍っぷりだったかは、お暇なときなどにお読み頂ければ幸いです。


事前準備

済州島は韓国人のみならず外国人にも大人気の保養地で、以前私も語学堂の友人たちと行ったことがありました。その時は海で遊ぶことをメインにした旅だったのですが、つくづく感じたのは車がないと不便だということ。しかし!田舎に住んでいるのに車のない我が家(私は毎日 KTX通勤 )…免許は持っているものの、普段運転しないのでレンタカーは不安。でも、なければないでなんとかなるもの!いや、するもの?タクシーを一日チャーターすることにしました。

インターネットで、タクシー1日貸切(9時~18時、10万ウォン、昼食代別途1万ウォン)の予約を済ませ、コネストの情報を参考にしながらあちこち行きたいところ、食べたいものをリストアップし、わくわくしながら旅程を計画。済州島は見所がとても多く、実質観光できるのは丸2日なので、今回は 東部 を中心に観光することにしました。


1日目

金浦空港を午後出発。飛行機の出発が遅れ、済州国際空港からバスでホテルのある西帰浦(ソギィポ)まで移動したら日はとっぷり暮れ、夜9時近くになっていました。飛行機内でのトマトジュースがおいしかった!そういえば、前に友達とソウルから済州島に行ったときも飛行機が1時間ほど遅れたのでした…。済州島って風が強いので有名なんですね。とにかく、行くときは余裕を持って予定を組まないといけないとしみじみ。何はともあれ到着したならご飯、ご飯!とそそくさとホテルにチェックインし、荷物を置いて外出。


13055290_860933764017223_4987109958195603962_n.jpg

夜ごはん「 ヘムルタン

近場で目をつけていた店は閉まっていましたが、目当てのヘムルタンを食べられる店がまだほかに営業していました。巨大ホタテやらアワビやらなんやら魚介をたらふく食べてお腹いっぱい! おいしかったです~。 店の人が煮たり切ったりを世話してくださったのですが、タコがひたすらモッセンギョッソヨ(不細工)!と連発して言われ、かわいそうでした。笑 おいしいのに…。



2日目
朝からタクシーのアジョッシにホテルまで迎えにきてもらい、いざ観光に出発!
わかりやすいように地図を印刷し、行きたいところに印をつけてアジョッシに見せたのですが、老眼で見えないらしいアジョッシ…。そして、東側に行きたいのならなぜ西帰浦にホテルとったんだ?ともっともなご指摘。…確かに…。でもとれるホテルがそこしかなかったし、部屋が気にいったんだからいいじゃない?と私たち。あんまり友好的でないアジョッシに、前途多難な予感もしましたが、ここは楽しまねば!車の窓からは南国の雰囲気があふれ、おのずと気分も上がります。

12990890_860941124016487_4160803041285823044_n.jpg

  拏山  生態の森

漢拏山(ハルラサン)にある森です。コブシが散り始めていて、一週間前だったら桜がきれいだったかもです。ほとんど人がおらず、ちらほらのんびり散歩している人を見かけるくらい。あちこちでホトトギスが鳴いていて、しみじみと春を感じました。済州島でよく見かける桜は、枝まで赤っぽいです。そして、椿の花は日本で見るものより小さいですね。 


13062493_860964137347519_4546656190821970271_n.jpg

済州チョルムル自然休養林

背の高い杉だらけに囲まれて、森林浴をした気分に。途中にある木工彫りのハルバン(おじいさん)たちが、もののけ姫に出てくるコダマみたいな、不思議な雰囲気を醸し出していました。結婚式の前撮りをしているカップルも。 鹿(ヌル)がいるというので遭遇を期待しましたが、会えませんでした~。朝鮮半島には、鹿の仲間のペクトゥサンサスム、コッサスム、ヌル、コラニがいるそうです。鳴き声だけでも聞きたかったなあ。


次は北村トルハルバン公園に行きたかった私たちですが、ここでアジョッシとバトル発生!?もう時間的にはお昼ご飯前。公園近くにはご飯屋さんがないとゴネるアジョッシ。私たちは個人旅行なので好きな時間にご飯を食べればいいやと思っていましたが、運転手がいるのだからそうはいかなかったのです。昼食代の1万ウォンを手渡し、私たちが公園を散策している間にアジョッシはご飯を済ませることに、こういうところもちゃんと計画しておかないといけなかったのですね~。

13015250_860972144013385_6199095626376384441_n (1).jpg

北村トルハルバン公園

前回友達と済州島に行った時は、済州島名物トル(石)ハルバン(おじいさん)が何かわからないまま行き、わからないまま帰ったので、同じく済州島名物ハルラボン(デコポン)といい間違える始末でした…笑 。今回たくさんハルバンを見てちょっと勉強したので、もう間違えません!苔むして静かにたたずむトルハルバンはなんともいえない味があり、うれしがって写真を撮りまくりました。   


12991027_860988834011716_8327445582313015104_n.jpg

万丈窟(マンジャングル)

さすがは ユネスコ世界遺産。 洞窟の中は壮大な歴史を感じられて大満足でした!展示パネルの解説には日本語もありうれしかったです。 でも、前日雨が降っていたからか、上から冷たい雫がたくさん降ってきて、フードのない服を着ていた主人は寒がってかわいそうでした。事前装備は必須です!


20160509_b.jpg

昼ごはん「海鮮チヂミ」

詳細はココミニグルメ記事にて。かなり遅めの昼ごはんとなりました。二軒隣にあった、赤いソファにけだるげに座る人々のいるカフェも非常に気になりました。このあたりにはおいしいお店も多いようで、鮑焼きだけで勝負しているという人気店にも行ってみたかったです。


11141196_861019920675274_7309587025462498676_n.jpg

城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)

済州島を代表する景勝地。ここに来るのは2回目でしたが、またしても登りませんでした、見るだけ笑。普段インドア派なので…。しかし、これで来たといえるのかどうか…噛まずに言える様になったからいいか!?記念写真を撮り、ハルラボンジュースを飲んで一服したら次の場所へ。前回はここで乗馬して、裏側のジェットボートに乗りました。


12986981_861021734008426_1539474034694324815_n.jpg

ソッチコジ

済州島の菜の花祭りは一週前に終わっていて、でも少しですが残っていて見れてよかったです。菜の花は食用のほかに、油をとるそう。個人的にここで済州馬に乗りたくて仕方ありませんでした…!丘を一周で5千ウォンは安い!! 今回は乗れないと思ってパンツを持ってきていなかったので泣く泣く断念しました。次回は必ず…!


ここで、1日貸切のタクシーはタイムアップ。一度宿泊先のホテルがある西帰浦まで戻り、夜ご飯のために、別の流しのタクシーに乗りました。今回はとても親切なアジョッシで、当初行く予定だった馬肉の店はしまっているからと、別の馬肉のお店へ連れて行ってくれました。さらに、今営業しているかや観光名所の瀑布(ポッポ、滝)のライトアップの時間まで電話して調べてくれたのです。おまけに帰りのタクシーの捕まえ方まで伝授してくれて…至れり尽くせりでした!まさに観光地のタクシーアジョッシ!という感じでこちらも気安くいろんなことを質問でき、うれしかったです。

12987233_861191860658080_2705978813254516348_n.jpg

夜ごはん「 馬苑

ちょっと贅沢に馬のコースを注文!馬尽くしでいろんな料理が楽しめて面白かったです。馬に乗りたい馬好きだからといって、馬を食べないとは限らない。おいしいものは何でも食べます!

馬刺しは、タクシーのアジョッシの言うとおり、とろけちゃって味はよくわからない。笑 同じ馬刺しでも熊本のものとはまた違う味わいですね。


3日目
この日は、西帰浦や中文リゾートの観光地をまわりました。前日に引き続き空はすっきりと晴れ、観光日和で人もとても多かったです。ただし、やはり風は非常に強かった! 服装も、ふわりと広がるスカートなどより動きやすいものがベストです~。

13010760_861201377323795_7567305042827613859_n.jpg

ブランチ「 innisfree JEJU HOUSE済州島本店

オソルロッはソウルでも行けるので、こちらでゆっくりしようと決めていました。済州島の食材を使ったおしゃれなブランチ、おいしかったです!ハルラボンシャーベットジュースもおいしかった…私は迷った末、生絞りイチゴジュースにしたのですが、ニンジンジュースがめっちゃ気になりました。オソルロッの方にはお土産を買いに正面ではなく後ろから入場する変な客でした。


13015274_861209683989631_4115087897014515893_n.jpg

如美地植物園

ロマンチックな散歩コースでした。特に、温室の入り口から釣り下がっている胡蝶蘭などが素敵で!やっぱり花は心を和ませてくれますね。

温室内で南国の植物たっぷり鑑賞したあと、外側の植物園をまわりました。韓国以外に3カ国の庭園様式を再現したテーマ庭園があったのですが、自国の人が見たらどう思うかは微妙なところ~。


13012801_861860457257887_7555102832299138792_n.jpg

ウェドルゲ

火山岩でできた色んな形の岩が見れて、自然って面白いなあと改めて感じました。そして、海辺だからもありますが、ほんとにすごい風でした!海辺近くは散歩コースになっており、どこまでも歩いていけそうでしたが、他のところも見たいので慌てて途中で引き返しました。笑

唯一まともに見た韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」の撮影地とのことで、記念パネルと写真撮りました。が、どこのシーンだかほとんど覚えてない…。



13055328_861866590590607_3160674456497220149_n.jpg

正房瀑布

世界でも珍しい滝とのことで、圧巻でした。満ち潮なのか引き潮なのかわかりませんでしたが、波は容赦なく打ち付けていました。砂浜がないのが不思議な感じです。

高いところから海辺まで降りて間近でみるのですが、石がごろごろしたところを歩いていくので結構危なくて…赤ちゃんを抱っこしている若い夫婦も多かったのですが、わざわざ抱いて降りなくても…と他人事ながら心配になりました。


13006718_861876290589637_8005376351783162730_n.jpg

西帰浦毎日オルレ市場

あらゆる物が売っていて、観光客以外に地元の人も日常的に買い物に来ているようです。

市場といえば、食べ歩き!まずは黒豚のコロッケ、そして黒豚肉まん。みかん入りベビーカステラ…アイスにも心惹かれましたが、この日は既にウェドルゲで食べていたのでぐっとがまんしました。ここでお菓子のお土産も購入。店によって同じものでもちょっと安かったりで、得した気分に。



201605011_b.jpg

夜ごはん「オヌンジョンキムパッ」

詳細はココミニグルメ記事にて。

キムパッは一本をチュルと数えるのを初めて知りました…。とてもおいしかったのでまた食べに行きたい!


13007210_861883587255574_5013396170192607035_n.jpg

天地淵瀑布 のライトアップ

昼間に行った正房瀑布と違って、こちらは道が整備されていて、夜のライトアップをしています。滝までの道もなだらかな坂で川があったり橋を渡ったり、風流で素敵でした。

…それにしても瀑布がポッポって!カタカナで書くとキスのことみたいで笑ってしまいます~。


4日目
いよいよ旅行最終日。観光地は午前中に一つだけ行き、さあ飛行機に…と思いきやトラブル発生!

20160513_b.jpg

朝ごはん「洞窟の茶園 茶喜然」

詳細はココミニグルメ記事にて。

今回は帰りの飛行機の時間があったのでゆっくりできませんでしたが、洞窟カフェも雰囲気がとても素敵でした。茶園も広いので、またゆっくり散歩したいです。


空港に行ってみたら、なんと強風で帰りの飛行機が飛ばず、延泊に!
最終日は雨の予報だから、濡れないといいけどね~なんてのんきなことを話していたのですが、空港に着いたらすごい混雑でただならぬ雰囲気。あちこち長蛇の列で何がなんだかわからないながら、人をかきわけチェックインすると…私たちが乗る予定だった14時20分の飛行機以外は前後すべて欠航に!手荷物検査を終え、遅延のアナウンスを聞きながら搭乗口で待っていましたが黒雲と強風でどうにもならない雰囲気…結局、15時30分頃キャンセル確定しました。

13010878_861888810588385_2130939669658692927_n.jpg

済州島空港(出航は3階)はチェックインカウンターとスーツケースなどの荷物を預けるカウンターが別(向かい側)になっています。

また、手荷物検査のゲートも韓国人と外国人の並ぶ列が別です。外国人登録証持ってるし韓国人の列で大丈夫でしょ~と思っていたらダメでした。長い列を並んだ末、そう言われたときはがっくりきましたが、係員の方が誘導し、すぐ入れるようにしてくれました。とっても親切!でも、お手数かけてすみませんでした!


搭乗口にいた職員から、キャンセルされた飛行機の振り替えの連絡のため、3階のカウンターで番号表をもらう必要があるというので、作戦を練りました。到着口から出たら私が荷物をとって1階の到着出口から外に出て、主人はその間に番号表をもらうため再度3階へ。どこに並べばいいかわらかず半分無理に団体チェックインカウンターで聞いてみると、欠航の場合は自動的に携帯電話にメッセージが来るとのこと。そりゃそうですよね…職員の中でも情報が錯綜している…。ここで20分はロス!とにかく今夜の宿を確保するため、スマホで調べて予約し、電話確認してからタクシーの長い列に。30分ほどでタクシーに乗れてホテルに移動。 
移動だけでかなり時間がかかってしまったので、この日は他に観光はできませんでした。はじめから欠航が決まっており、ゲートに入らなければどこかまわれたかも…とは思うのですが、それは自然が相手のこと、仕方ないですね。

13062530_861907037253229_274713355127132920_n.jpg

夜ごはん「オギョプサル」

こぢんまりした家族経営のお店でした。オギョプサルを初めて食べた私は何のことだかわかっておらず…皮付きだったんですね!この皮が…毛つきなので、びっくりしたんですが。食べてみたら焼けているのもあってか全然気になりませんでした。笑

会計のときに、おばさんが1人分ね~というので主人が2人分頼みましたよ、といいましたが、いや1人分でしょ、と強引に2万2千ウォンで会計してしまいました。私はラッキー♪と思いましたが、主人は今でも二人分だったんじゃないかなあと気にしています。笑




5日目
気をもんだ末、無事飛行機が飛び家に帰りました。前日中にアシアナ航空から携帯電話にメッセージがきていた(下記)ので、はやめに空港に移動し、チェックインをすませました。でも、14時15分発の飛行機チケットでしたが、結局飛行機に乗り込んだのが15時35分で、離陸したのは16時5分でした。
もし、外国人で韓国の携帯電話がなかったら?Eメールでメッセージが来たのでしょうか。確認できる場所が確保できたかどうか…。前日は本当に混乱の現場で、特に外国人観光客が途方にくれた様子で座り込んでいるのを見かけました。まさかこんなことになるとは思わなかったんだろうなと気の毒で。でも、自分もいつどんなことが起こっても、冷静に対処できるようにならないと!と思いました。

1.png

2.jpg

3.jpg

本日、済州島空港上空突風関連により、お客様には翌日天候が好転し、補航便の予定が確定次第、文字メッセージ(携帯電話番号で届くメッセージ)を通じてご案内予定です。本日現場待機はキャンセル待ちが不可能で、気象予報は翌日午前まで強風警報が発令されている状況です。天候によりご不便をおかけしますが、ご理解ご協力よろしくお願い致します。

本日済州空港でキャンセル待ちの受付はできません。翌日の補航便が確定され次第、欠航の順番にあわせてご案内予定で、本日中の文字メッセージにて再度ご案内するように致します。翌日午前まで強風警報が発令されたことを確認致しました。天候によりご不便をおかけしますが、ご理解ご協力よろしくお願い致します。

本日OZ8926便 金浦行き欠航のお客様には、17日12時~14時の間に出発する金浦/仁川行き特別補航便をご案内予定です。搭乗をご希望のお客様は空港混雑を考慮し、少なくとも2時間前には空港に到着して手続きを受けてくださるようお願い致します。



13015148_861913093919290_8876938352356979191_n.jpg

今回のことで一番勉強になったのは、飛行機が自然災害で飛ばない場合、宿泊代などは自分持ちになるということ。こういうときのためにも旅行保険があるのですね~。この日もかなりの人で、みんなイライラしているので不用意に人を刺激しないよう気をつけました。トイレ、レストランやカフェに長い列ができるのはもちろん、コンビニすら長蛇の列で驚きました。はやめにご飯をすませておいて良かった…。また、 韓国人は横入りしてくる人が多いので、列に並ぶときには目を光らせていました。笑


済州島の魅力にどっぷりはまり、帰りたくなくて延泊したという話もちらほら聞きます。今回私たちは天候不良のため延泊になってしまいましたが、それを差し引いてもとても楽しい旅行でした。でも、まだまだ観光地は見足りないですし、食べたいものもたくさんあります!ぜひ機会を作ってまた行きたいです(*´∀`*)

編集部 ふぐやん
コメント(0)
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

嗚呼!愛すべき韓国のオバちゃん

 

お昼ご飯はいつもこれ!

 

赤と青

 

韓服で♪古宮の夜間特別観覧へ

 

「五味子茶(オミジャチャ)」本当に味が5つ?!

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

コネストOPのソウルのんびりライフ

高級おしゃれスポット清潭洞にある焼肉店をご紹介!
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

春を告げるしゃきしゃき感を味わえる「ポムトン」の料理をご紹介します!
 

コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

観光客も満喫できる「ソウル図書館」
 

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★
 

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

実は万能食材!エゴマ粉(トゥルケカル)
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪
 

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
           
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細