本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

満月の下で신난다(シンナンダ)〜!

投稿者:konest / 2007-03-06

花冷えで零下の気温に耐えながらソウルの街を闊歩する記者Kです。暦の上では啓蟄(ケイチツ)だというのに・・・・哀号(アイゴー)。

暦といえば3月4日(日)はテボルムでした。テボルムってなあに?という方はコチラの記事をご覧くださいませ。
このテボルムでは、全国各地で地神祭が行われます。ここからはちょっとマニアックな話になりますが、ご勘弁を。

プンムル隊(農楽を行う人たち)が「農民天下之大本」という旗を掲げて家々を回りながら、「万福(この世のすべての福)が訪れますように〜」と祈るわけです。各家ではお米やお酒、果物などのお供えを準備していて、プンムル隊に分け与えてくれます。※写真の女性は記者Kではありません。イメージです。

かくいう記者Kも、とある田舎の農村まで行ってこの地神祭に参加してきました。こう見えても(どう見えて?)記者Kはプンムラー(プンムルを愛する人々のこと、記者K命名)の端くれなもんで。テボルムというのは、全国のプンムラーたちにとっては一番忙しい日でもあるわけで、こうやって演奏できるというのは、えせプンムラー記者Kとしても「ヨンガンスロップタ(光栄です)」。

行く先々でソジュ(焼酎)やマッコルリが振舞われ、プンムル隊のメンバーも村人たちも次第に陽気になります。誰かれ構わず踊りだし、歌いだすのです。韓国語ではこの状態を「シンナンダ〜」と言います。ぴったり当てはまる日本語がないのですが「興が湧く、浮かれる」とでも訳しましょうか。記者Kにとってはこれが至福の瞬間でもあります。心が真っ白になって、ただ幸せな気持ちになるんですね。

こうして約5時間ほど太鼓を叩きっぱなしだった記者K。翌日ひどい筋肉痛に見舞われたのは言うまでもありません。バチを握っていた右手は腱鞘炎状態。「哀号哀号〜」と、老体に鞭打ちながら仕事をしております。

でもこうしてたまに「シンナンダ〜」という気分になるのも大事ですよね。人生メリハリ、「ヒムドゥルダ〜(しんどい)」があれば「シンナンダ〜」もあるさ!がんばっていきまっしょい! 編集部:記者K

コメント(0)
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

面白いものを発見!

 

意外とあいまいな韓国語

 

韓服せきらら購入記

 

2007年夏を大満喫!

 

ケランパン事件〜記者Kの観察記〜

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

コネストOPのソウルのんびりライフ

「ミシュランガイド2019」に登場!新感覚タッカルビ専門店♪
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

海の香りがぷんぷん!エビを抱いたメセンイジョンを紹介します。
 

コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

ハヌル公園で初日の出
 

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★
 

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

実は万能食材!エゴマ粉(トゥルケカル)
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪
 

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
           
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細