本文ショートカット メニューのショートカット
韓国でつながるコミュニティ掲示板
統合検索
コネスト・地図へのショートカット

韓国旅行口コミ掲示板「コネストコミュニティ」

 HOME > コミュニティ > 編集部日記 > その他スタッフの編集部日記(不定期更新)

「台風」でもなく、「野獣」でもなく…

投稿者:konest / 2006-02-15

今冬の韓国映画は注目作が目白押しだったが、結局一番の成功を収めたのは、意外や意外、チャン・ドンゴンの「タイフーン」でもなく、クォン・サンウの「美しき野獣」でもなく、全く期待していなかった「王の男」だった。このダークホースとも言える「王の男」、朝鮮時代の悪名高い王として記録されているヨンサン王と、彼に気に入られた大道芸人の話なのだが、いやあ、面白かった!!
韓国の伝統文化をベースに描いた正統派史劇でありながらも、笑いどころ満載で、男同士の愛を描いたというのがまた新しく、それでいていやらしくない。韓国の昔の大道芸人「クァンデ」の生き様を描いたあたりは、なんとなく香港映画の「覇王別姫(さらば、わが愛)」ぽいかもしれない。「これは名作なのでは?!」と、見終わったあとはすっかり興奮してしまった。
普通、観客は公開されてから時間がたつと減っていくものだが、この「王の男」は、クチコミにより公開後にどんどん増え続け、なんと13日には1000万人を超えてしまった。今週末には「シルミド」の記録を抜き、歴代韓国映画興行記録の2位になる見込みだそうだ。
「タイフーン」はスケールが大きくてハリウッド映画でも見ているような雰囲気だったけど、それとは対照的に、「韓国映画」らしさをじっくり感じた映画だった。それが成功の要因だったのかもしれない。

韓国には、40%以上を自国の映画を上映することを義務付けた「スクリーン・クオータ制度」というものがある。今ちょうどこの制度が縮小されてしまうことに反対して俳優たちがデモを行なっている。それには批判の声もあるけど、今日のように韓国映画が発展したのはこの「スクリーン・クオータ制度」のおかげともいえる。韓国でも日本のように洋画ばかりが上映されるようになってはサミシイ。韓国映画好きの私としては、そうならないように願うばかりである。(編集部:mmkim)

コメント(0)
context
※コメントするためにはログインが必要です。
 前の記事へ   一覧へ   次の記事へ 
このスタッフのおすすめ記事

KTXで通学・通勤2

 

3月20日(月)はB1A4サンドゥル君の誕生日~!!

 

羊頭にチャレンジ!

 

ツアー予約ページ リニューアル!

 

韓国のマクドナルドでWHY~!?

一覧へ
その他のコネストスタッフの連載

ソラミミの韓国文学の読書室

ブックレビュー「2020 第11回若い作家賞受賞作品集」
 

コネストOPのソウルのんびりライフ

アイドル達の誕生日を祝おう!part6
 

パク・チャングムのモォ モッコシッポ?

カリっとして香ばしい、春の香りが満ち溢れる「エビセリチヂミ」を紹介します!
 

コネスト特別捜査官Yoメンが行く!

プレミアム高速バスに初乗車
 

NaRoの毎日がK-POP♪(連載終了)

SMTOWNの文化セミナー「THE MOMENT」へGOGO★

ソウルっ子のソウル市内白書(連載終了)

ソウル地下鉄の乗り場攻略(空港鉄道A'REX編)
 

まーぶーの気ままにホンデ暮らし(連載終了)

パンダ1800匹と会ってきました!
 

コッコのソウルでお嫁さん(連載終了)

実は万能食材!エゴマ粉(トゥルケカル)
 

qingのソウル☆珍遊記(連載終了)

気づいたら新しい名前がついていた街
 

おしげの韓国ビューティー日記(連載終了)

2014年最初のお気に入りアイテム♪

ホッピーのハッスルKOREA(連載終了)

数字に隠された謎を探る
 

韓国キンガミンガ記(連載終了)

ウマ菓子発見!その2
 

ミゴの映画とお酒のお品書き(連載終了)

ダイエットのお値段
       
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
Konestのポリシーと利用規約
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細